PURE LINE スタッフコラム

新社屋誕生その1 スーパードライウォッシング

2018.05.10

2018年春、静岡市清水区楠新田の国道1号線沿いに、ピュアクリーニングの新しい本社屋&工場が完成しました。
草薙の常葉大学新キャンパスに近く、周辺には郊外型の大型店も続々出店中。静岡清水の中でもとびっきりの注目ゾーンに、超スペシャルなプレミアムコース専門ファクトリーの誕生です。

品質日本一のクリーニングを目指すピュアが、持てる力を最大に発揮した新ファクトリー。まずご紹介したいのは、日本に数台しかないドイツ製の最新鋭ドライクリーニングマシン『Eazy Clean』です。

このマシンの何がスゴイかっていえば、毎回の洗浄ごとに溶剤を全量入れ替えできるということ。

「溶剤って使い回し?」とビックリされるかもしれませんが、一般に、ドライクリーニングで使う有機溶剤は再利用が当たり前なんですね。なぜなら水のようには捨てられないから。

 

業界では使い回しが当たり前-ですが、ピュアクリーニングでは一部の溶剤を定期回数、蒸留しながら使ってきました。
手間のかかる作業ですが、それが「他社よりも仕上がりがキレイ」とお褒めいただくゆえんでもあり、ピュアの頑張りどころ!でもあったのです。

この最新マシンの登場で、毎回洗浄ごとに新しい溶剤を投入できるようになり、蒸留も毎回。N10という蒸留してもまったく性質が変わらず、高い洗浄力をキープするスペシャルな溶剤を使用。


汚れがまったく残留しない完璧なドライウォッシングが実現し、仕上げ剤の効果も最大限に引き出します。マシン導入前と導入後を比べ、「本当に、せんいの1本1本まで仕上げの効果が行き渡っているようです」と現場スタッフもしみじみ・・・。

ピュアが目指す、衣類が持つ本来の素材感を甦らせるというこだわりミッションが、ひとつ完成できました。


次回は、仕上がりの素材感や風合いの違い別に選べる4つの新しいコースについてご紹介します。

BACK