PURE LINE スタッフコラム

自慢のシミ抜き(その1)

2018.09.10

ピュアクリーニングが考えるホンモノのクリーニング。その基本は

①こだわりぬいたキレイな洗い
②立体感ある仕上がり
③自慢のシミ抜き。

―この3つは、クリーニングの基本のキだからこそ、より磨きをかけ、クオリティを上げていこうと日々努力しています。
今回は自慢のシミ抜きについてご紹介しましょう。

シミ抜きは、ピュアのすべてのコースに‶標準装備″しているサービス。全工場にシミ抜き担当スタッフを配置し、他社レベルを超えたお客様のシミ抜き満足度にこだわっています。


ひと口にシミと言っても、シミの原因はさまざま。お醤油やソースならば、お肉やお魚の脂分、ワサビやカラシなどの香辛料成分が含んでいる可能性もあります。
それらは時間が経てば経つほど酸化し、各成分が分離して、層を成して張り付いてしまいます。

シミ抜きとは、それらの層をひとつずつ、生地から剥がしていく作業。
生地も、ウールなど動物性のもの、綿や絹など植物性のもの、化学繊維のものと様々ですから、どんな生地に、どんな原因のシミがどんな状態で付着したのか、しっかり観察します。

そして、シンプルなシミならば衣類洗浄後に処理をし、シミの原因層が複雑なもの、時間が経っているものは、洗浄前に必要な処理をし、洗浄後に再チェック。場合によっては再処理をし、シミを徹底除去するか、限りなく目立たなくします。

もちろん、シミの原因は食べ物だけではありませんよね。ワイシャツにインクを付けちゃった!家で洗濯したら、他の色物から色移りしちゃった!色物に漂白剤が着いて色が抜けちゃった!などなど・・・シミトラブルは実にさまざま。

難易度の高いシミの場合は、プレミアムファクトリーのシミ抜き工房に集め、シミ抜き専門職人の手で徹底処理します。別途有料サービスになりますが、他社では歯が立たなかった手ごわいシミも、安心してお任せください!


とにもかくにも、シミを付けてしまったら、ご自分で自己流に取ろうとせず、そのままの状態でピュアクリーニングにお持ちください。そのままの状態であれば、シミの原因が判明しやすく、適切な処理をお約束できるからです。

できれば3日以内に。遅くとも1週間以内に。

また、しみ抜き後にキレイを長持ちさせる、大事な服にしみをつけない為の汚れ防止加工もおススメですよ!

次回はプレミアムファクトリーのシミ抜き工房のマル秘テクニックをご紹介しますね!

 

BACK